素敵な女性

2012年04月22日

自分の感受性くらい 自分で守れ ばかものよ 

開店してから一ヶ月が経ちました。

少しずつ整ってきたところもありますが、大半はまだまだ模索中です。

休日もあれやこれや奔走し、休日にはなりません。起業したが最後、仕事とプライベートの切り分けは難しいのでしょう。家族でやっていると、なおさらです。

「静かなところで、一人、頭を空っぽにして、のんびりしたいなぁ~」

そんな言葉が口をつきそうに…。

 

弱音を吐きたくなったとき、心に浮かぶ言葉があります。

 

   自分の感受性くらい  自分で守れ  ばかものよ

 

詩人 茨木のり子の詩「自分の感受性くらい」の一節です。

かかりつけの接骨院の待合室の本棚で偶然見つけ、以来、私のバイブルになりました。自分を鼓舞するために、全文、書いてみます。

 

   ぱさぱさに乾いていく心を

   ひとのせいにはするな

   みずから水やりを怠っておいて

 

   気難しくなってきたのを

   友人のせいにはするな

   しなやかさを失ったのはどちらなのか

 

   苛立つのを

   近親のせいにはするな

   なにもかも下手だったのはわたくし

 

   初心消えかかるのを

   暮らしのせいにはするな

   そもそもが ひよわな志にすぎなかった

 

   駄目なことの一切を

   時代のせいにはするな

   わずかに光る尊厳の放棄

 

   自分の感受性くらい

   自分で守れ

   ばかものよ

 

ぐうの音も出ません。 

しののめ寺町 公式オンラインショップ

ONLINE SHOP

お得な平袋から数量限定の季節商品、箱入り贈答用まで 取り扱い

トップへ戻る