店のこと

2012年05月20日

つるやのサラダパン

3月21日のブログで書いていますが、私、滋賀県の湖北、木ノ本の観音様が大好きなんです。

地下鉄の駅を降りて竹屋町通りを店に向かうとき、正面に西国三十三カ所巡りの19番札所、通称「こうどうさん」が見えます。毎朝、心の中でそっと手を合わせ、木ノ本の観音様のことを思います。

またゆっくりと訪ねたいと思いながら、まだ時間がつくれずにいます。

 

私が木ノ本好きなことを知る友人が、きのう、木ノ本までドライブしてきたと、店にお土産を届けに来てくれました。袋をのぞくと、「つるや」の「サラダパン」が!

 

木ノ本の北国街道沿いに古くからあるパン屋さんの名物パンです。少し甘めのコッペパンの切り目にマーガリンが塗ってあり、そこにマヨネーズで和えた刻んだたくあんが挟んであるんです。そう、漬物のたくあんです。

パンにたくあん、なんてアバンギャルドな取り合わせでしょう。知らずに初めて食べたときは仰天しましたが、これが病み付きになる美味しさなんです。

 

久々に食べたつるやのサラダパンは変わらぬ美味しさで、

「ああ、これこれ」

と、うれしくなりました。

風情ある街道の佇まいや、昔懐かしい雰囲気の店内の様子まで目に浮かぶから不思議です。

 

「しののめ 寺町」も暖簾分けから2ヶ月。

馴染みのお客様が、ご試食用のじゃこ山椒を一口召し上がり、

「これこれ、この味」

と言ってくださるのを聞くと、ほっとします。

そして、お客様がよく仰るのが、

「このあたり、風情のある街ですね」

という言葉。

 

変わらぬ美味しさを。

そして、うちのじゃこ山椒を召し上がっていただくとき、寺町の風情ある街並みを思い出していただける。

そんな店になれる日を夢見ています。

しののめ寺町 公式オンラインショップ

ONLINE SHOP

お得な平袋から数量限定の季節商品、箱入り贈答用まで 取り扱い

トップへ戻る